イチから見てみよう! 森永ドライミルクができるまで

工場へGO

作っているのはここ! 作っているのはここ!
大和工場(東京都)

食品安全の国際規格FSSC22000認定工場で製造。
※環境マネジメントシステムの国際規格「ISO14001」の認証も取得し、環境にも配慮しています。

クリープもこの工場で作っています
ちなみにミルクに含まれる成分はいろんな工場で作っています
牛乳たんぱく質を分解した「ペプチド」 松本工場 大和工場 オリゴ糖の1つ「ラクチュロース」 富士工場
ちなみにミルクに含まれる成分はいろんな工場で作っています
牛乳たんぱく質を分解した「ペプチド」 松本工場 大和工場 オリゴ糖の1つ「ラクチュロース」 富士工場
工場の中にはいってみよう!
最初から最後まで自動化
イメージ
すごい機械!
自動化されたラインで製造しているので、人の手に触れることはありません
工場内では専用の防塵服を着用し衛生面に配慮しています
イメージ
みんなおそろいだね

原料を調べる

ミルク作りスタート! どこのウシさんのお乳で作ってるの?
欧米産、オセアニア産の乳原料を使用しています
イメージ イメージ イメージ
欧米産、オセアニア産の乳原料を使用しています
イメージ イメージ イメージ
原料を受け入れる前に調べる
原料の先行ロット検査

検査部門で事前に検査して、合格品だけ工場で受け入れます。

工場でさらに調べる
原料の受け入れ検査

受け入れた原料を工場でも検査します。

粉にする

原料を混ぜて貯める 原料の混合 きれいにする 清浄化 殺菌する 殺菌 水分を蒸発させる 濃縮 粉にする 噴霧乾燥 (MDドライヤー) 「MDドライヤー」という機械を使うんだよ ドライヤー? 原料を混ぜて貯める 原料の混合 きれいにする 清浄化 殺菌する 殺菌 水分を蒸発させる 濃縮 粉にする 噴霧乾燥 (MDドライヤー) 「MDドライヤー」という機械を使うんだよ ドライヤー?
ポイント 森永独自の技術で栄養を守る! 1 原料の液体を熱い空気で瞬間的に乾燥させる 2 そこで生まれた粉末を冷たい空気ですばやく冷やす 瞬間的に乾燥させて冷やすから、必要な栄養を損なうことなくミルクにできます。 ポイント 森永独自の技術で栄養を守る! 1 原料の液体を熱い空気で瞬間的に乾燥させる 2 そこで生まれた粉末を冷たい空気ですばやく冷やす 瞬間的に乾燥させて冷やすから、必要な栄養を損なうことなくミルクにできます。
イメージ

粉同士をくっつけて
小さな塊にします。

粉を解けやすくする 造粒 どうやって? 粉を解けやすくする 造粒 どうやって?
ここもポイント これが森永ドライミルクの溶けやすさのヒミツ!
Before 粒が細かいと粉末の間にすき間がないので溶けにくい。 After 造粒するとスポンジのようにすき間ができて溶けやすい! なるほど!
ここもポイント これが森永ドライミルクの溶けやすさのヒミツ!
Before 粒が細かいと粉末の間にすき間がないので溶けにくい。 After 造粒するとスポンジのようにすき間ができて溶けやすい! なるほど!

異物混入を防ぎます。

フィルターに通す 整粒(シフター) フィルターに通す 整粒(シフター)

缶に入れる

缶をきれいにする
空缶浄化

洗浄エアーで缶をきれいにします。

缶を検査する
空缶検査

すべての缶をひとつずつ調べます。

ひとつずつしらべるんだ〜!
粉を缶に入れる
充墳
缶がさかさまだよ!だいじょうぶ? 缶の底からミルクを入れているんだよ
窒素ガスを入れる
窒素ガス充填

できる限り酸素を除いて栄養成分の酸化を防ぎます。

さらに検査
工場・検査部門での検査

検査部門と工場でWチェック。ミルクの詳しい検査や放射性物質の検査をします。

さいごのさいごまでしらべるんだね
梱包・配送

赤ちゃんのもとへ

イメージ イメージ
こんなふうに作ってるんだね!
さらなる安心・安全のために

森永乳業は1955年に森永ひ素ミルク中毒事件を起こし、多くの方々に甚大な被害をもたらしました。被害者の皆さまには深くお詫び申し上げます。また、被害者の皆さまの恒久救済事業の実現に向けて、加害企業としての責任を果たして参ります。
森永乳業は、この事件の風化を防止することに努め、二度とこのような事件を起こさないよう、商品開発から製造・流通・販売までそれぞれの工程で、森永乳業独自の基準を設定し、遵守しています。  詳しくはこちらをご覧ください

品質・安全について